Windows Reader

Windows Reader 6.2.8232.0

Windows8にビルトインされているマイクロソフト公式のシンプルなPDF、XPS書類閲覧ソフト

Windows Reader(ウィンドウズ リーダー)は、PDF 、XPSドキュメント用のリーダーアプリです。Windows 7以前ではAdobe Acrobat Readerのようなドキュメントリーダーをユーザーが自ら探してインストールしなければなりませんでしたが、Windows 8ではマイクロソフト(Microsoft)公式のPDF・XPSリーダーとしてWindows Readerがビルトインされています。 完全な説明を見ます

賛成票

  • 軽快で反応がよい
  • 文書内の語句検索ができる
  • 簡単な注釈や文章のコピーもできる

反対票

  • 拡大表示はできない
  • 文書を編集することはできない

良い
7

Windows Reader(ウィンドウズ リーダー)は、PDF 、XPSドキュメント用のリーダーアプリです。Windows 7以前ではAdobe Acrobat Readerのようなドキュメントリーダーをユーザーが自ら探してインストールしなければなりませんでしたが、Windows 8ではマイクロソフト(Microsoft)公式のPDF・XPSリーダーとしてWindows Readerがビルトインされています。

Windows Readerはインストールされた状態であれば、読みたい文書をダブルクリックするだけで自動的にフルスクリーン表示します。またはアプリを起動させてから閲覧したいファイルを選び、右下の「開く」をクリックしても文書を開くことができます。シンプルなメトロアプリのインターフェイスが見やすく、かつ動作も非常に軽快です。

Windows Readerはファイルを開いた状態で右クリックすることで、ページの表示方法を変更させたり、文書を回転させるなどのオプションを選択できます。検索バーもありますので、文書内で特定の語句を探す際などにも便利です。文章を選択してから右クリックをすれば、簡単な注釈を入れたり文章をコピーしたりすることもできます。

Windows Readerは非常にシンプルな機能をもつリーダーアプリですが、書類を部分的に拡大することができないのが惜しい点です。また、注釈を加える以上の編集もできません。PDFファイルにもっと高度な編集などを加える場合は、Nitro PDF ReaderPDF-XChange Viewerを併用することをおすすめします。

Windows Readerは、PDF 、 XPSドキュメントの閲覧に特化したシンプルなアプリです。

*注:メトロアプリ(メトロスタイルアプリ)とはWindows 8対応のアプリケーションです。 Windows 7以前のPCをご利用の場合はこちら(Windows 7対応PDFリーダー)をご覧ください。

Windows Readerは以下の形式に対応しています

PDF, XPS
Windows Reader

ダウンロード

Windows Reader 6.2.8232.0